Tech Assist

TECH & LIFE in NAGOYA

名古屋エリアでのフリーランスエンジニアとしての活動記録。

2018年10月12日

コスパ抜群!さくらのレンタルサーバが想像以上に良かった件

こんにちは。井口です。
私はエンジニアになってからこれまで、VPSを借りてプライベートなWebサービスやWebサイトの運用、Gitリポジトリなど色々な用途に使ってきました。
ついこの前までこのブログもカゴヤのVPSで運用していましたが、フリーランスとして活動していく上でサイトがダウンするのは避けたいところ。VPSだとサーバの運用や保守を自分でやらないといけないので、たまにWebサーバがダウンしてたりしてもすぐに対応できなくて放置なんて事になってしまいがち。(カゴヤのVPS自体は安定していてとってもいいVPSでしたので5年くらい使ってました)
これから起業する前提で遠隔地の協力者と一緒にサービス開発も行っているので、このままではマズイなぁと常々思っていました。
しかしマネージド専用サーバとかクラウドにすると金額が高いので運用コストが馬鹿になりません。
すでに収益化できているならまだしも、しばらくサービス開発に時間もかかるのでなるべくコストは抑えたい。何かいいサーバは無いものか。。

要件としては・・・
  • サーバ管理が含まれていること
  • マルチドメイン対応
  • 無料SSL証明書に対応
  • メールアカウントが取得できること
  • 月額2,000円以内であること
  • PHP7.2に対応
  • MySQL5.7に対応
  • コンテンツデータの定期バックアップに対応
  • データベースの定期バックアップに対応
  • CRONが使えること
  • シェルが使えること
  • Gitが使えること
  • 同時アクセスをさばける数はそれほど多くなくてもいい
  • ディスク容量も10GくらいあればOK
  • DB容量も1GあればOK

です。
我ながらかなり欲張りな要件ですw
しかし調べまくっていたらそんな要件を満たすサーバが2つ見つかりました。
1つはエックスサーバのX10プラン、もう1つはさくらのレンタルサーバ スタンダードプラン です。
まさか格安の共用レンタルサーバがここまで要件を満たしているとは思っていなかったので凄くいい意味で意外でした。

両方とも普段の業務の中で使用した経験もあり、サーバの安定性について問題ないことは知っていました。
たださくらのレンタルサーバについてはOSがLinuxではない(FreeBSD)のと環境変数周りが独特で通常の方法では設置できないなど癖があること、一度契約してしまうとプランのアップグレード時に解約が必要でサービス停止が必須なことなど少し懸念材料もあり、最初はエックスサーバのX10プランを第1候補に考えていました。

しかしホームページをみているとさくらのレンタルサーバがリニューアルと書かれているので興味津々でスペックをみていたところ、SSD、PHP7モジュールモード、nginxなど高速化のための取り組みがなされていてエックスサーバのスペックに遜色ない感じになっているではありませんか。しかも月額は515円とエックスサーバのほぼ半額!!
2週間お試し無料なので最悪契約しなければいいやという気持ちで使ってみることにしました。
するとどうでしょう。サーバの応答が速くめちゃくちゃ快適です!体感的には一昔前の専用サーバ並み。こんなのが月額515円だなんて良い時代になりましたね!!
という事で現在はさくらのレンタルサーバでこのブログも含め7つのプロジェクトとGitリポジトリを運用しています。

せっかくなので後日、環境構築の仕方なども記事にしたいと思います。
お楽しみに。





XAMPPでoci8が認識できない時の解決法     人の体は食べたものからしか作られない

関連記事