Tech Assist

TECH & LIFE in NAGOYA

名古屋エリアでのフリーランスエンジニアとしての活動記録。

PROFILE

Mikio Iguchi
愛知県東海市在住

2002年からこの記事を書いている2018年9月現在までずっと名古屋でソフトウェアエンジニアをしてきました。
気が付けばエンジニアになってから既に16年以上。プログラマ35歳定年説なんてのもありますが現在45歳でもまだまだバリバリとプログラムを書いています。
年齢が高くなると技術トレンドにはついていけなくなって現役引退なんていわれますが、私の場合はむしろ現在が最も戦闘能力の高い状態といっても過言ではないくらいです。 病は気からじゃないですけど、年齢なんて言い訳にしなければ全然関係ないものだと思ってます。
新しい技術に触れるときは今でもワクワクしますし、最近はAIやビックデータ、IoT、その他たくさんの携わってみたい技術トレンドが目白押しな状態です。
生涯ソフトウェアエンジニアを続けるつもりで新しい技術にチャレンジしていきたいです。

これまでの経歴

■1995年
Windows95の発売と同時にパソコンをはじめる。

■1997年
インターネットをはじめる。

■1998年
趣味でホームページ制作をはじめる。

■1999年
ホームページの制作会社に転職。DreamweaverとFireworksを使ったWeb制作者としてデザインからコーディングまでを担当。

■2000年~2001年
プログラミングに興味を持ち独学でPerl(CGI)とPHPを習得し、実務でもメールフォームやショッピングカートなどの実装を担当。

■2002年~2006年
プログラミングを極めるべくSI系のSESメインの企業へエンジニアとして転職。
客先に常駐するスタイルで様々なプロジェクトを経験。
前職でやっていた開発とのレベルの違いに衝撃を受ける。
技術的にはレガシーなものが多かったが、大手企業の業務系アプリの仕様の複雑さに最初は全くついていけずに心が折れそうになった。その状態は3年ほど続いた。
一時期、真剣に挫折しそうだったが、4年目に入ると奇跡的に自力で案件をこなせるようになっていた。

■2006年~2011年
自社サービスの開発を手伝ってほしいと知り合いに誘われてSI系のソフトハウスへ転職。
しかし、自社サービスは軌道に乗らず結局前職同様のSES業務を続けることになる。
自社サービスへの想いは募っていたがその時常駐していた企業での業務はかなり遣り甲斐のあるもので得るものが多かった。
そしてリーマンショック発生。SI系のSES業務がかなり厳しい状況になりWeb系の自社サービス企業への転職を考え始める。
しかし、Web系のサービス企業が少ない名古屋では転職は困難。個人的にWebサービスを立ち上げたりしつつ試行錯誤の日々。

■2011年~2018年
丁度転職を考えていたタイミングで再び自社サービスの開発を手伝ってほしいと別の知り合いに誘われてWeb系受託開発企業へ転職。 しかし、これもうまくいかず、WebサイトやWebサービスの受託開発を続けることに。自社サービスを成功させることの難しさを痛感した。
メインの業務は元請けの受託開発だったので要件定義から携わる案件が多く、顧客から直接感謝の言葉を貰えるのは悪くなかったが、とにかく案件の数が不安定で暇な時と忙しい時のギャップが酷すぎて安定しないため、将来に不安を感じるようになっていった。
ヒョンなことからフリーランスエンジニアとしての働き方がかなり良い状況であることを知り、会社に所属しているメリットが感じられなくなったのと、個人的に温めていた事業案があり独立を決意。

■2018年~
フリーランスエンジニアとして活動を開始しつつ、起業の準備中。

起業

まだ準備中なので詳細は内緒ですが、若手の育成に関する事業をしたいと思っています。

趣味

  • 自転車ロードレース
    地元のショップチームに所属してモリコロパークや鈴鹿サーキットのレースに参加してます。これまでの最高順位はシマノ鈴鹿の2位。2年連続2位なので来年こそは勝ちたいです。
    興味のある方はこちらもどうぞ
  • ギター
    自転車のトレーニングとの両立が難しく現在休止中。いつか時間が出来たら再開したい。
  • 釣り
    以前はよく琵琶湖でボートでバス釣りとかトラウトの管理釣り場とか行ってました。最近はたまに子供と管理釣り場に行くくらい。
  • キャンプ
    年に3回くらい家族でいろいろなところに出かけています。